嶋道子・マザーエムキルターズ


ショップページへ
  お知らせ
  2017/6/13更新
梅雨の6月と思いますが、爽やかな朝が続いていますね。早朝の綺麗な空気をいっぱい吸ってストレッチしてからキルト制作をしてます。 静かなこの時間は最高です。6月初旬 ブティック社から「パッチワーク教室 夏号《発売。私のデザインした ユリの花のステンドグラスキルト掲載されキットの通 信販売が始まり、お陰様で好評。キット作りに忙しくしてます。 是非 書店で「パッチワーク教室《をお求め下さい。

2017/4/16更新
富山県の福光美術館で <美を綴る Art Quilt展2017> が4月22日~6月18日、開催されます。日本を代表するトップキルター6吊と北陸のキルトリーダー25吊の作品が展示されます。嶋道子の作品3点が招待されました。

 日韓友好キルト展開催にあたり、日韓友好キルト60作品を掲載した図録を作成しました。一冊1,000円(税込)で販売しています。お問い合わせ、ご注文はメールまたはお電話にてお願いいたします。


 USAコットンはぎれセットの通信販売をしています。詳しくは商品ページをご覧ください。

 キルトバイアス・ファミリーコットン・キットなど、渡邊布帛工業取扱商品の小売りを当ショップにて行っています。お電話・FAXでもご注文を受け付けております。詳しくは商品ページをご覧ください。 

キルト教室のご案内
一針一針思いをこめて。
自分の想いをキルトで表現してみませんか?
初めての方でも、日々使える小物作りから始めて、楽しく縫っているうちに、大作を仕上げられるようになります。→詳しいお教室案内はこちら


嶋道子よりメッセージ<過去のメッセージ>

  2017/4/16更新分 2017/3/29~4/26 台湾でキルト展が開催され、嶋道子の作品が2点、展示されました。
イベントページをご覧ください。

  2016/11/08更新分 慶沢園内の長生庵での展示会では、たくさんの方を御迎えして好評の中、終了しました。
長生庵の庭の木々のキルトは木漏れ日を浴びて秋の風に揺られ、茶室に展示したキルトはしっとりと馴染み、別世界の様でした。 ホームページをご覧になってお出かけ下さった方々にお礼申し上げます。2月の市立美術館で、またお会いしましょう。
  2016/09/20更新分 2016年11月3日~6日「和布れのキルト展《開催
「今年の夏は猛暑続きでしたが、やっと秋の気配が感じられるようになりましたね。
今日は皆さんに11月のキルト展のお知らせをします。天王寺の大阪市立美術館隣・慶沢園内で開催します。 茶室には和ぎれのキルトと小物を、庭園にキルトを展示します。《

2016/08/08更新分
「35℃を超す連日の暑さはキルト制作ストップという感じですね。こんな時は小物制作が良いですよ。色はやはり爽やかなブルー系の布。
柑橘系のアロマにすると良いようです。柑橘系の香りは脳にも良いそうで、8月から教室でもそれにしました。
皆さん水分補給をこまめにして夏を乗り切ってくださいね。《

2016/06/10更新分
「岐阜県美術館でのパッチワークキルト展を開催。大盛況の中、無事終了しました。天気にも恵まれ会場の天井と大きな窓から明かりが燦々と差し込み、キルトは輝いて見え、来館者の方々もゆったりとされたようでした。さぁ来年のキルト展へ向けてスタートです。《

2016/04/27更新分
「つつじ、紫陽花、藤の花が咲く頃、遠出したくなりますね。今年は岐阜県美術館でのキルト展が5月開催します。5月の美術館の広い庭園の木々は、際立って美しく、硝子越しにキルトも見えて、特別な時の流れを感じることでしょう。是非お友達をお誘いの上、キルト展にお越しください。お待ちしています。《

2016/3/16更新分
「大阪市立美術館のキルト展では寒い中、たくさんの方が来てくださって無事終わりました。冬に逆戻りの日もありますが、梅の花が咲き甘い香りのいちごが店頭に並び春を感じますね。もうじき桜の花も咲き入園入学の時期が来ます。手作りの小物を揃えてあげられたら良いですね。皆さん針を持ちましょう。お母さんの手作りは一番です。

2016/2/02更新分
「 暖冬と言われていましたが、厳しい寒波がやってきて、野菜の価格変動に主婦は料理メニューに知恵をしぼらなくてはいけませんね。私のグループのキルト展が2月16日から開催されます。インフルエンザの流行の兆しがある、今日この頃。体調に気を付けながら作品制作の最終チェックをしています。皆様のご来館をお待ちしております。《

2015/12/17更新分
「12月にタイのバンコクでの講習会が有り出張しました。蛇の目ミシンの代理店の正面におおきな王様のモザイクキルトが飾られて有り、余りにリアルで美しい色使いに驚きました。台湾、韓国、中国、マレーシア等で講師を務めて来ましたが、その国々の特徴有る作品を観る事が何より楽しみです。私も日本を感じて貰えるキルト制作に頑張っています。《
  
2015/11/9更新分
「秋の紅葉の美しい頃になりました。肌寒さが増すようになると、大きなキルト制作にはベストの時期です。膝の上にのせたらぽかぽかしてきますよ。ベッドカバーを作るのは苦手、と思う人は1mサイズの壁キルトを作ってみてはどうでしょうか。お部屋の雰囲気が変わりますよ。《
    
2015/9/14更新分
「暑かった夏も過ぎ、朝夕はめっきり肌寒くなってきましたね。
夜には蛍光灯を消し アロマキャンドルをたき、好きなCDフィールを聴きながら、ハーブティーを飲んだりしています。キルトのデザインって、そんな時ふっと浮かんだりしますよ。
2月のキルト展に向かってマザーエムキルターズの皆さんと頑張ってます。《